みんなの輪が広がっていく思い出になる運動会。子どもも嬉しそうだった

みんなの輪が広がっていく思い出になる運動会。子どもも嬉しそうだった

運動会

近くの小学校で、運動会の練習をしている音が聞こえます。太鼓の音が聞こえると、自分の子供の頃を思い出します。運動会はやはり太鼓の音が響いていました。ダンスが嫌で、全体が合うまでのやり直しは苦痛の思い出です。踊るのは嫌いではなかったのですが、何回も先生が納得いくまでやり直しするのがとても嫌でした。

 

子供が運動会の練習を話してくれます。男女で手をつないで踊るダンスを苦手なのか、中には手がつなげない子もいるようです。きっと、恥ずかしいのか何かが嫌なのですね。毎回の練習で同じようにするので、だんだん目立ってきているみたいですが。なんか微笑ましいです。私の子供の頃もありましたね。思い出しました。運動会が終わればこんなことはすぐに忘れてしまいますが。

 

子供の運動会は、リレーや徒競走も楽しみですが、応援合戦がとても見応えあるので毎年楽しみにしています。赤、青、黄色に分かれて競うのですが、毎回テーマを決めて応援するので楽しみです。また、子供たちも楽しんで一生懸命に応援する姿が心打たれます。放課後に集まって練習をするうちに、仲間意識が強くなり男女関係なく、仲良くなるみたいです。友達の輪が広がり、学校いくことが楽しくなるそうです。

 

学校から帰ったらゲームで楽しんでいることが多いので、運動会のこんな話を聞くとなんかほっとします。私の頃には、運動会が嫌で休む子もいたような気がします。練習はきついですが、みんなと達成感を味わえる喜びはそれ以上だったと思います。子供もきっと、それで楽しいのでしょう。運動会が楽しみです。