御堂筋ができて80年になるそうです。想い出の場所を大切にしたい

御堂筋ができて80年になるそうです。想い出の場所を大切にしたい

御堂筋

先日、新聞を読んでいたら、大阪のメインストリートである、「御堂筋」ができて、80年を迎えるという記事を読みました。今の御堂筋は、デパートがあったりして、とても華やかなイメージがあるように感じられます。

 

そんなイメージとは裏腹に、ネーミングの由来は、通りに、東本願寺・西本願寺のお寺がある(本山は京都にあります)ことから、御堂筋と呼ばれるようになったそうです。御堂筋が持つ、おしゃれな響きや華やかな雰囲気からは、なかなか想像できにくいものです。

 

今も御堂筋沿いに、東本願寺・西本願寺のお寺があるそうですので、神社仏閣好きの私はお参りしたくなります。御堂筋を建設当初、国から十分な費用をもらうことができず、地元の人からかなりの援助を受けたそうです。

 

大阪 居酒屋 安い

 

地元の人から見ても、御堂筋は最初はとてつもなく大きな通りに見えたのだそうです。今では植樹された木も成長し、彫刻も置かれ、良い感じになっています。今でこそ、大阪のメインストリートであり、華やかな場所の一つでありますが、紆余曲折があったのだなぁとしみじみとしました。

 

こんなことを書いていると、私は再び大阪に行きたくなりました。1度大阪に行ったときに、友人と御堂筋を歩いたのですが、デパートもあり、屋上で癒されたり、楽しい思い出があります。ついでに地下鉄の御堂筋線に乗って、いろんなところに行ったのも、良い思い出です。

 

御堂筋線は、とても便利がいいので、また乗りたいと思います。頑張って働いて、お休みをがっちりとって、大阪に行こうと思っています。